菜々色の重:生涯学習ノート

生涯学習ノート
菜々色の重


がん療法の一つとして食事療法を行っている
肉食性たんぱくをさけて植物性たんぱくを摂るようにしている

正月を迎えて女房はおせち料理を作りだしたが、数の子やかまぼこなど動物性たんぱくが中心である
しょうがなく野菜だけ食べようかと思っていたときに、無農薬野菜を毎週配達してくれる人が「野菜のおせち」紹介のチラシを1枚置いていった

それが「菜々色の重」という名前なのである
早速2つ注文してみる

31日夕方配達された
写真のとおり見た目が鮮やかである
一番見栄えがいいのは、にぎり寿司のいかもどきのナタデココとまぐろもどきのパプリカの色である
見ただけでは本物と見間違えるような色合いである

付いてきた「お品書き」
1・黒豆 〜 黒豆
2・野菜の豆腐 〜 ひじき、人参
3・野菜のお寿司 〜 ナタデココ、パブリカ、エンリギ
4・黄色い出し巻きたまご 〜 パプリカ入り
5・きんぴらごぼう 〜 ごぼう、人参
6・野菜の稲荷巻き 〜 ごぼう、人参、ねぎ
7・野菜の蒲焼 〜 山芋、豆腐
8・こんにゃく 〜 おから、こんにゃく
9・野菜のハンバーグ 〜 大豆、レンコン、人参、小麦グルテン、卵、カレー粉
10・ピクルス
11・小麦たんぱくのから揚げ 〜 小麦グルテン
12・栗きんとん 〜 栗、サツマイモ

早速家族全員で食してみる
それなりの割烹で作られているという紹介があったが予想以上にうまい
孫がうまい、うまいといいながら女房が作ったおせち料理よりも「菜々色の重」を食べ続ける
テレビでも紹介されている精進料理の「もどき料理」なのだろうが、味付けもいい
家族も珍しがってはしをつけてくれる

「菜々色の重」がなかったらがん患者のとってはさびしい年越し料理になっていたはずである
買い求めた甲斐があった
がん患者は正月2日までの「菜々色の重」のお世話になった
ちなみに1つ7000円であった


2011.01.08:Copyright (C) 年だからでなく年がいもなく
本年も宜しくお願いいたします
久しぶりにブログ拝見しました。本当に充実した、内容の濃い日々を送られていることに改めて尊敬と感謝の思いをもっています。

だけどこの「野菜おせち」美味しそうですね。
凄く食べてみたいです。東京でも注文できるのですか?
2011.01.09:佐藤 準一 [修正 | 削除]
挑戦してみました
長朗。やっとトライしてみました。かなり塩っぱいのでビックリです。塩分取りすぎなんですかね?
2011.01.09:佐藤 準一 [修正 | 削除]
味がしますよね
トライされたのですか
勇気ありますね

味がしますよね
その日によって違います

味の濃さは塩分も関係あるかもしれませんね

だまっていると不安感がわいてきてしまいますので、積極艇に何かをするように心がけています

今年もよろしくね
2011.01.10:長朗 [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 2人
記事数
 公開 608件
 限定公開 0件
 合計 608件
アクセス数
 今日 27件
 昨日 95件
 合計 1,150,701件
powered by samidare
system:samidare community