ついに婚姻外子相続格差を定めた民法の規程が違憲に・・・:e-むらやまネット

e-むらやまネット
ついに婚姻外子相続格差を定めた民法の規程が違憲に・・・


先日、ついに明治時代から引き継がれてきました
「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とする」
という民法の相続規程が、法の下の平等を定めた憲法14条に反し
違憲であると、最高裁判所大法廷が判断を下しました。

その主旨は、「家族形態の多様化や国民意識の変化などを
考慮すると、親が結婚していないという選択の余地がない
理由で子に不利益を及ぼすことは許されない」という内容で、
裁判官14人全員一致の判断ということです。

今回の憲法判断をうけて、何の責任もない子供への
差別がなくなる一方、家族形態の多様化による事実婚や
シングルマザーの増加が、ますます進むことになるのではないでしょうか?

今後の日本の社会情勢に注目ですね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ついに婚姻外子相続格差を定めた民法の規程が違憲に・・・
2013.09.05:Copyright (C) 相続・起業支援のさたけ事務所
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 51人
記事数
 公開 1,829件
 限定公開 0件
 合計 1,829件
アクセス数
 今日 224件
 昨日 232件
 合計 3,572,124件
powered by samidare
system:samidare community