お正月の生菓子:ヤマガタンAnnex|山形のスイーツ-お菓子-おやつ

ヤマガタンAnnex|山形のスイーツ-お菓子-おやつ
お正月の生菓子


いよいよ新年の足音が大きくなってきている今日この頃、我々小アキンドは坊さんでもないのに師走を体現して走り回っております。

そろそろ今日からは正月の上生菓子作りです。

まずはあんこに餅を混ぜて練り上げた「練りきり」という生菓子です。

例えは悪いかもしれませんが、粘土のように成形しやすく、様々な形を表現できるので、上生菓子にはなくてはならない素材です。

写真にあるのは「あん玉ピラミッド」といって、菓子業界に入って一番最初に習った算数です。

2×2=5、3×3=14、4×4=30、5×5=55・・・これは下の段にたてよこ4個ずつ並べると、2段目は9個、3段目は4個、4段目は1個で合計30個になるというもので、よく使う4の段、5の段は暗記してました。今回は5×8で100個のピラミッドです。

本題に戻りまして、トップバッターは福寿扇という菓名で、扇に梅の模様もさることながら、白生地と赤生地のぼかしで正月の目出度さを表現しております。

写真では白とピンクのグラデーションがはっきりしないかもしれませんが、結構きれいに出来ましたので、ぜひ実物をごらんにお越し下さいませ(笑)


2016.12.29:Copyright (C) 南陽市のお菓子屋 六味庵
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 30人
記事数
 公開 1,655件
 限定公開 0件
 合計 1,655件
アクセス数
 今日 224件
 昨日 121件
 合計 2,025,926件
powered by samidare
system:samidare community