驕らずに謙虚に:e機楽ねっと

e機楽ねっと
驕らずに謙虚に
わが国には、人生への戒めや、組織運営への戒めとなる諺が沢山ある。
今回の「地震・津波」に対して、「想定外」などと表現されているが、正に人間としての「驕り」というべきか。
戦後日本では、信仰の自由と称して子供が生まれてお宮参り(神道)、年末のクリスマス(キリスト教)、葬儀は大多数がお寺(仏教)と、御都合主義とでもいうべきか、精神的規範となる宗教は無くなっている。
しかし、戦前までの日本には、天災が多く、四季の明確な自然を敬い、八百万の神として祭って来ていた歴史を持っている。「気を抜かず、そして驕らずに向き合っていれば、自然は無慈悲な振舞いに及ぶ事はない」という教えも残っている。
原発事故の長時間の電源喪失はありえないなどという言葉は、正に気を抜いたものであり、人間の驕りと言っても過言ではない。
会社でも、「労災事故が無くて安全だ」、「不良品が出ずに高品質だ」などと、驕り、慢心しているととんでもない事故や、クレームが発生する危険性が増加する。御用心・御用心!

2011.06.23:Copyright (C) 株式会社長井製作所
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 8人
記事数
 公開 160件
 限定公開 0件
 合計 160件
アクセス数
 今日 265件
 昨日 210件
 合計 1,022,651件
powered by samidare
system:samidare community