アウトドア・キャンプにあると便利!虫ハチ対策グッズ:壱岐産業

壱岐産業
アウトドア・キャンプにあると便利!虫ハチ対策グッズ


キャンプ、花火大会、アウトドアスポーツ、ガーデニングなど、ヒトの屋外活動の場が広がると虫に出会うシーンも拡大します。

特に蚊は年間約72万5000人もの人が命を落としているというデータもあります。

マラリア、デング熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、など蚊が媒介する感染症が多数あります。

ハチ刺されの被害は日本国内で毎年のように死亡例が報告されています。

1983年から2012年までの30年間で平均29.3人の方が蜂に刺されたのが原因で死亡しています。

ハチは一度でも刺された経験のある人はショック症状を引き起こし、呼吸困難に陥ることもあると言われています。

たかが虫、などと思わずに刺されない予防をしっかりして屋外活動を楽しみましょう。

 

【虫よけに赤と黄色の強力線香】

強力虫よけ線香は赤と黄、普通の蚊取り線香は緑

蚊は感染症を媒介します。大規模イベント参加等で渡航した海外で、デング熱はじめ蚊が媒介する感染症に感染する機会が増えています。また今後は、地球温暖化の影響により蚊が生息地を拡大、増加する懸念もあります。

赤と黄色のお線香はハチよけではありません。適用する害虫はユスリカ、チョウバエ、アブです。過信しないでご注意ください。

 

【襲ってきたら、スプレーして逃げる!】

襲ってくるハチに強力噴射のハチノックS! 

襲ってくるハチに向けて噴射しながら逃げてください。約10秒間連続噴射が可能です。一回の使用で全量を噴射するのが原則です。

念のため未使用の新しいものを準備したうえでご使用ください。

ハチによる被害は日本が最も多いとされています。死亡事故の大半はスズメバチによるものです。毎年10〜20人がハチに刺されて命を落としており、2015年には日本だけで23人が亡くなっています。

死因は主に、アレルギー反応によるショック死(アナフィラキシーショック)で、スズメバチの毒液が直接作用して死んだ例は少ないとされています。

○エピペン専用のウェブサイト エピペン専用ウェブサイトへリンク 別なサイトに飛びます。

 

【服装でも身を守ろう】

野山にでかけるときはなるべく露出の少ない長袖長ズボンにし、手には軍手などの手袋を。頭を守るための帽子も忘れずに。

スズメバチには黒いものを天敵と判断して攻撃する習性があります。

黒っぽい服装は避けて全体を白い色で統一した方がよいでしょう。とは言っても全身真っ白というのもヘンなのでなるべく濃い色を避けるような工夫があってもいいですね。

不本意にも蜂の巣に近づいてしまったり、蜂が周りに飛んできたりしたら、急に動いたりするとハチも驚き攻撃する可能性があります。

大げさに追い払ったりせず、身を低くしてそっと立ち去るようにします。

 

【身につける虫よけタイプを活用しよう】

リング状になっていて、手首や足首、バッグなどに取り付けられるタイプもあります。

パッチになって直接肌に貼るタイプ、肌には貼らないタイプなど様々です。

殺虫成分を使っていない、ユーカリなどの植物性由来の成分を含んでいるものもあります。

肌が弱い人、殺虫スプレーを直接肌につけるのに抵抗がある人などは腕時計やブレスレットタイプなどが良いかもしれません。

リストバンド、アンクレットなどおしゃれっぽく見せられる商品もだいぶ出ているようですよ。

価格、効果、持続性等に関してはメーカや商品によってだいぶバラつきがあります。

用途によって使い分けしてみてください。

 

【スプレー、リムーバーの収納バッグ】

いつも携行したい!スプレーやリムバーを入れる収納バッグ

ハチアブに刺されたときの薬などは携行していると思います。すぐに取り出せるようにしていますか?

刺された直後は毒を吸い出すのが重要です。モタモタしている間に10分15分・・・過ぎてしまって重症にならないようにすることが大切です。

熊スプレーも同様にリュックの中を探している時間はありませんね。

いざというときすぐ使えるように持ち歩くようにしたいものです。

 

【毒液や毒針を吸引 ポイズンリムーバー】

咬まれたり、刺されたりしたら直ぐに、2分以内に「ポイズンリムーバー」

蚊やブヨ、蜂にも効果があります!

毒虫や毒蛇に刺されたり噛まれたりした時に、その毒液や毒針を、その優れた吸引作用で、直ちに体外へ抽出する緊急応急処置用の器具です。

すぐに毒液や毒針を正しく排出すれば症状の悪化を防いでくれます。帰宅後はしっかりと病院で診察してもらってください。

 

【外来種ヒアリ】

ヒアリに関しては、環境省が作ったストップ・ザ・ヒアリを参考にしてください。

 

 

【もし、ハチに刺されてしまったら】

慌てず、騒がず。近くに巣があるかもしれないので、あわてず安全な場所まで移動します。

針が残っている場合はピンセットなどで取り除きます。指でつまむのはおすすめしません。誤って皮膚の中に入ってしまったり、毒が入ってしまうかもしれません。

水道水で毒を洗い流します。口で吸うのはキケンです。

専用の吸引機(ポイズンリムーバー)でしっかりと処置します。

ツバを付けたり引っ掻いたり、アンモニアが良いとおしっこをかけるのはもってのほか。

おしっこの雑菌が傷口から侵入する危険性があります。

患部に専用の薬を塗り冷やしします。

これらはあくまでも応急処置です。

なるべく早めに医療機関で診てもらうようにしてください。皮膚科が適切です。

 

 

 

上記の商品に関するお問い合わせ、またはその他のハチ駆除対策・ハチスプレーなど商品のお問い合せは

お問い合せフォーム または お電話 022-233-1776 までお願いいたします。


2017.04.19:Copyright (C) (株)壱岐産業 事務局
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 8人
記事数
 公開 1,417件
 限定公開 0件
 合計 1,417件
アクセス数
 今日 1,504件
 昨日 855件
 合計 1,730,493件
powered by samidare
system:samidare community