涙が止まらず…。:多田石材店

多田石材店
涙が止まらず…。


昨日までの東京出張にあわせどうしても行きたい場所がありました。

 

大学時代に2年間住んだ町、埼玉県朝霞市。

武蔵野線の北朝霞駅と、交差する東武東上線の朝霞台駅があるこの町で

過ごした2年間、その間私の食生活を支えてくれた『高橋そば』。

大将と女将さんに会いたくて向かった私の2年間のバイト先です。

 

当時週の半分以上は夕刻から働かせて頂いておりましたのでバイト後の

賄が私の栄養源でした。

 

20年ぶりに駅から武蔵野線沿いを歩いて向かうとそのころとは違って

いろんなお店やマンションが増え、高橋そばが今もあるか心配になった位です。

 

20年前と変わってない外観。

 

「おや、多田君じゃないの?」とその当時と変わらない女将さんの声を期待し

ワクワクしながらお店に入りました。

 

すると女将さんではない女性が案内してくれました。

うちの会長と同い年のご夫婦で切り盛りされていたのでさすがに女将さんは

奥に下がったのだと思い「女将さんいらっしゃいます?」と聞いたところ

「10年以上前に亡くなられたようですよ」と。

 

あまりにもびっくりしすぎて何を注文したかわからなくなったぐらいです。

すぐにその女性が大将に話してくれたようで普段出ない客席に出てきて

「いや〜よくきてくれたねぇ」と当時と変わらない声で迎えてくれました。

 

涙が止まりませんでした。

 

お二人に会えるものだとばかり思って行きましたのでびっくりしたのと

大将があの頃と変わらず穏やかで温かく接してくれたことに人目も憚らず

泣いてしまいました。

 

お子さんがいらっしゃらないのでその頃息子のように接してもらったことや

「今日は何がいい?」と食事の心配をしてもらったこと、女将さんが体調を崩し

救急車で運ばれたことや故郷 新潟の話を聞いたことなど次々と記憶がよみがえりました。

 

12年前にお亡くなりになられたということで大変ご無沙汰したことを

とても後悔しました。

 

2週間後にまた小平に来るからその時に寄らせてもらうことをお話しし

当時と変わらないたぬきそばとミニかつ丼を掻き込み30分の滞在で

お店を後にしました。

 

お世話になった方に会える時に会ってお礼しておかないということが

これほど後悔することなんだなと思わされた出張になりました。

 

 

 


ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 1人
記事数
 公開 445件
 限定公開 0件
 合計 445件
アクセス数
 今日 30件
 昨日 28件
 合計 619,498件
powered by samidare
system:samidare community