明日から8月ですね〜:「みんながよい家づくり」株式会社菊池技建|山形の住宅メーカー

株式会社 菊池技建
明日から8月ですね〜


今年の夏は、ことのほか”暑さ”が突き刺さる感じがしています。

エアコンのない自宅では、そうめん率が高くなっていますwww(>_<)



先日、「西日が暑くて・・・。何とかならないでしょうか?」という

お問い合わせを頂きました。

建物において熱の出入りが一番大きいのが窓。

夏期の”暑さ”は、太陽から降り注ぐ、熱線(電磁波)が大きな原因となります。

木陰に入り、太陽からの熱線を浴びないと涼しく感じるのはこのためです。




熱移動の三原則「伝導・対流・輻射」

伝導=アイロン、対流=ファンヒーター だとイメージし易いと思います。

輻射=熱線(電磁波)が物体内の分子を激しく振動&衝突によっておこる熱が、空中に放射される



太陽と地球は1億5千万kmも離れていて、宇宙空間には空気がありません。

接触や空気の介在が必要な、伝導や対流はありえません。

では、なぜ太陽が当たるところは暖かい(暑い)のでしょう?

太陽からの熱線(電磁波)がさまざまな物体の分子を振動させて

熱を発生させ、その物体の熱が空気中に放射されているのです。

電子レンジで物が温まるのはこの電磁波のおかげです。




太陽からの熱線(電磁波)が物体に降り注がなければ、物体が

熱を帯びることはありません。

それを防ぐ唯一の方法が、”反射”(^^)/

電子レンジで何かを温める際、アルミホイルがNGなのは

電磁波を反射し、温めたいものに電磁波が届かなくなるからです。



太陽からの熱線(電磁波)が届かなくなるようにするには・・・

温めたくない”ものの外側”に熱線(電磁波)を”反射させるモノ”を

設置するのがお勧めです!

すだれやよしずが窓の外側なのも、納得できますね。




古民家の軒先の長い下屋、縁側や広縁など、太陽からの熱線(電磁波)が

建物の奥へ届かないようにして、夏を涼しく過ごしていた

日本人の知恵もすばらしいですね(^^♪




2018.07.31:Copyright (C) 菊池技建|清水美香
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 17人
記事数
 公開 3,887件
 限定公開 0件
 合計 3,887件
アクセス数
 今日 188件
 昨日 3,637件
 合計 1,908,661件
powered by samidare
system:samidare community