〇〇よりも  山響のライブ:市民記者育成講座

市民記者育成講座
〇〇よりも  山響のライブ


先週とは別の隣町のホールでモーツァルト最後の交響曲を聴いてきた。
カッコつけて記すと「交響曲第41番 ハ長調 K.551」となる。
自宅から車で20分の区域内で、2週連続でナマオーケストラを聴けるとは・・・
想像したことすらなかった。快挙だ!

聴衆220〜230人前後の小規模ホールにフルオーケストラ編成だから、音の迫力は圧巻で、各パートの演奏もハッキリ判別できて、ライブならではの立体感のある演奏を満喫した。

偏屈老人はただ好きで聴いているだけだから、専門的な意味での音の良しあしはわからないし、演奏の巧拙ももちろんわからない。
それでも「CDと同じだべ」とならないのはナシてだべ?
個人的には、「演奏者と聴衆の一体感が醸成されるからだべか」と感じたりしているのだが・・・

それにしても山形交響楽団(山響)の存在は素敵だ。
存在は県外にいるときから知っていたが、活動が素晴らしい。郷土の至宝だ。
‐‐‐遠くのウィーンより目の前の山響、ベルリンのCDより山響のライブ‐‐‐
手軽に山響の演奏を聴ける我々は幸せだ。


2016.12.18:Copyright (C) シルバー族のひとりごと
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 17人
記事数
 公開 155件
 限定公開 0件
 合計 155件
アクセス数
 今日 12件
 昨日 132件
 合計 558,719件
powered by samidare
system:samidare community