寒の最中 空は快晴:市民記者育成講座

市民記者育成講座
寒の最中 空は快晴


「通学路に除雪車が来ない」などの心配を吹き飛ばすような快晴になった。
真っ白な飯豊山がはっきり見える。気分爽快だ。

 

雪囲いの杭に積った雪がモンスターだ、横から見た鎌倉の大仏サマだなどと囃していたのがウソのようだ。

 

ミヤマザクラの枝に積った雪もみな落ちて、売れ残りの実がまた目立つようになった。

売れ残りと言えばこれもそう。
カンボクの実。このままだと木になったまま朽ちていくしかないのだろう。
赤く熟れた実を口に含む。
酸いも甘くもない。吐き出した後口中に残った後味のエグさは強烈だ。



緑中に咲く花は、どちらも雪のように白くてさわやかないい感じなのだが・・・
2017.01.30:Copyright (C) シルバー族のひとりごと
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 17人
記事数
 公開 155件
 限定公開 0件
 合計 155件
アクセス数
 今日 4件
 昨日 77件
 合計 558,847件
powered by samidare
system:samidare community