【books】ちょっとピンぼけ:チーム・イナバ

チーム・イナバ
【books】ちょっとピンぼけ


ちょっとピンぼけ 新版
ロバート・キャパ (著), 川添 浩史 (翻訳), 井上 清一 (翻訳)

キャパの写真集を初めて手にとったのは、
おそらく大学の図書館か何かだったように思います。

生きること、死ぬこと、幸福とは?、人間とは?・・

何十万語の言葉で語る文章よりも、
はるかに情報量を持った1枚の写真があるのだと、初めて認識した瞬間でした。

部屋に飾って、見る度に心を癒してくれる写真ではないんだけれども、
何か切実なパワーで、折れそうな心を押し上げてくれるような存在でした。

そこでシャッターを切るという行為は、
空間を切り取り、時間を切り取る行為のように思います。

で、優れた写真家の優れた作品は、1度切り取った後でも、見る側にそこから先の広がりを感じさせる・・ような気がする。

つまりは人の想像力に作用する。(気のせい?)
2007.06.26:Copyright (C) NAOのブログ -裏-
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 7人
記事数
 公開 186件
 限定公開 0件
 合計 186件
アクセス数
 今日 123件
 昨日 204件
 合計 575,150件
powered by samidare
system:samidare community