【置賜の偉人】日本のアンデルセン〜浜田広介記念館:チーム・イナバ

チーム・イナバ
【置賜の偉人】日本のアンデルセン〜浜田広介記念館


高畠町の浜田広介記念館にお邪魔しました。

母曰く「泣いた赤おに」は私が初めて涙した絵本・・とのことです。

故郷の誇りの1つだと思います。
施設の中は物語がいっぱい。いろんな読み聞かせ方で楽しませてくれます♪
子供はもちろんですが、大人でもかなり楽しめると思います。(←満喫してきた人)

2005.11.22:Copyright (C) NAOのブログ -裏-
泣いた赤おに

あまりに有名な物語り。

私の家にも写真右側の絵本がありました。
懐かしい・・

登場キャラクターに基本的に悪人がいないってのも、
広介ワールドの大きな特徴なんだそうです。
2005.11.22:nao [修正 | 削除]
おはなしの木

中をちょっとだけ紹介。

こちらは「おはなしの木」。
四方に4つの「おはなし」が実っています。


弘介童話のもう1つの特徴は、
読んだときに語句のリズムがいいこと。
基本5語か7語の文節で構成されているのだそうです。

母から子へ、
読み聞かせを前提とした、
童話作家ならではのこだわりですね。。
2005.11.22:nao [修正 | 削除]
日本のアンデルセン

実筆による原稿も展示。

日本のアンデルセンは、
数あるアンデルセン作品の翻訳家としても有名でした。
翻訳が異なれば、作品の出来上がりも大きく違ってきます。

広介ワールドが盛り込まれたアンデルセン童話。
他の翻訳本と読み比べて見ては?
2005.11.22:nao [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 7人
記事数
 公開 186件
 限定公開 0件
 合計 186件
アクセス数
 今日 56件
 昨日 119件
 合計 609,388件
powered by samidare
system:samidare community