弁慶の供養塔◆Гらんだチャンネル

おらんだチャンネル
弁慶の供養塔


 昔、成田と森が一つの村であった頃の事である。あるいは未だ森、成田という名称も付けられない頃であったかもしれない、文治2年(1186年)秋の事であった。

 村の東方の部落に山伏の同行7人が、民家に宿を願って泊めてもらったのであった。この山伏一行は、源九郎判官義経主従が、世を忍ぶ落人潜航の人達であった。もちろん表向きは、普通に羽黒詣りの山伏と言っていたが。7人が一軒に泊まることは出来ないので、付近のもう一軒に分かれて泊ったのでありました。

 

 

注:この記事は、長井村郷土史会が昭和28年2月にまとめた「長井村伝説物語――成田字塔の越(塔の腰)塔ッ様の由来 鈴木氏一門家系の由来」を基に作成しています。


2020.02.11:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 4,129件
 限定公開 0件
 合計 4,129件
アクセス数
 今日 3,134件
 昨日 4,052件
 合計 5,092,950件
powered by samidare
system:samidare community