(14)大正11年は希望に溢れた年だった:おらんだチャンネル

おらんだチャンネル
(14)大正11年は希望に溢れた年だった


 これまで羽前成田駅100年物語の第1部として、大正3年頃から昭和10年頃までの成田駅を取り巻く状況を紹介してきました。その中でも成田駅が開業した大正11年は、歴史的な分岐点になった年でないかと思われます。第1部の締めくくりとして大正11年を概観したいと思います。

 

 まず大正8年(1919年)に公布された地方鉄道法によって軽便鉄道法が廃止されます。これによって軽便鉄道の呼称も大正11年9月2日で廃止され、羽前成田駅開業の時は長井軽便線は長井線となっていました。

 

 さらに大正11年4月10日に改正鉄道敷設法が公布されます。この法律は国が整備すべき予定路線を示したものですが、その別表第25号(写真参照)に「山形縣左澤ヨリ荒砥ニ至ル鐵道」として左荒線が明示されることになったのです。しかもその実施については閣議決定されたとのことです。

 

 白鷹町史(現代編)によれば、「左荒線の建設については、国としてその建設を、昭和11年4月10日の閣議で決定していたものであった。その閣議で決定した内容は、昭和15年度の完成ということと、そのための予算を特別議会に提出することであり、昭和12年4月には測量のための杭打ちまで行われていたのである。それが、昭和15年の1月11日に日中戦争のために計画が中止され、戦後になって、昭和21年8月1日に昭和22年度から再着工するとの通知が出されながら、それも立ち消えになった線路である。」と。

 

 左荒線は圏域の更なる発展への夢であり希望でもあったはずです。今から100年前、一番列車を歓喜で迎えた大正11年は、長井線の歴史の中で最も輝いて、豊かな未来を確信できた年であったかもしれません。

 

 

【おらだの会:写真はアジア歴史資料センターより】


2022.02.18:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 5,022件
 限定公開 0件
 合計 5,022件
アクセス数
 今日 1,614件
 昨日 2,231件
 合計 7,986,344件
powered by samidare
system:samidare community