ローカル線の魅力を考える1(伊藤桃さん語録から):おらんだチャンネル

おらんだチャンネル
ローカル線の魅力を考える1(伊藤桃さん語録から)


 昨年の12月に伊藤桃さんという鉄道アイドルとして沢山のファンを持っている方が、成田駅に降臨された。いわゆる「乗り鉄」の方で、インスタグラムにも毎日投稿されている方であり、つい先日まで山形鉄道の記事を掲載されていました。これを機会に、彼女のインスタグラムに上げられた言葉を拾いながら、ローカル線・山形鉄道の魅力と味わい方を考察してみたい。

 

 まずは、#(ハッシュタグ)が付けられた単語を拾ってグルーピングすると次のようになります。

(1)景色系(#車窓 #車窓から) (2)構造物系(#駅舎 #駅めぐり #木造駅舎 #登録有形文化財) (3)イメージ系(#国鉄 #国鉄時代 #昭和レトロ #気動車) (4)旅の名称(#ローカル線の旅 #ぶらり途中下車の旅 #乗り鉄旅)

 

 勝手に推論すると、「景色」という空間に身を置きながら、各人の「イメージ」を現出させる「構造物」に出会うのが「ローカル線の旅」「ぶらり途中下車の旅」の醍醐味である、と言えそうである。まずは、「景色系」について投稿された記事を列挙してみる。

・朝靄の中、赤湯駅をめざします。少しずつ変わりゆく空を眺めながら…

・YR880形気動車でごとごと…。のどかな朝の田園風景をながめつつ

・山々がのどかな車窓を眺めつつ…

 

 いかにもローカルな空間が広がる中、朝の空は刻々と色合いを変えていく。どこまでも続く田園と山々はのどかにのどかに広がっている。気動車の振動に合わせてゆっくりと景色が移っていくように、時間がゆったりと流れていく。旅人が味わうこんな豊かなひと時を、私達も大切にして暮らすことができればいいのだが。

 

 

【おらだの会】 記事の転載については本人の承諾を得ております。伊藤桃さんのブログはこちらからどうぞ

 ⇒ 【#奥羽本線 #山形鉄道フラワー長井線 】#週末パス の旅、2日目。*2枚目:朝靄... | 伊藤桃のオフィシャルブログ『B dreamygirl』Powered by Ameba (ameblo.jp)

 


2022.03.12:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 4,933件
 限定公開 0件
 合計 4,933件
アクセス数
 今日 2,356件
 昨日 1,964件
 合計 7,653,018件
powered by samidare
system:samidare community