ローカル線の魅力を考える2(伊藤桃さん語録から):おらんだチャンネル

おらんだチャンネル
ローカル線の魅力を考える2(伊藤桃さん語録から)


 鉄道アイドル・伊藤桃さんがインスタグラムに書いた言葉からローカル線の魅力を考える第2弾。それは各人の「イメージ」を現出させる「構造物」又は「小道具」が存在することである。特にイメージ系として国鉄、昭和レトロといった感情をお持ちの方にとっては、木造駅舎は最も強い印象を与えるものかもしれません。ここで桃さんの感性に響いたモノを駅レポから拾ってみましょう。

 

・しぶい!!登録有形文化財にも登録されている、1914年の国鉄長井線開業時からかわらぬ木造駅舎の西大塚駅です

・駅舎だけでなく、ホームの雰囲気もレトロ

・長井駅!ホームにある、この上屋の感じがよき…

・まるで今も使われているような駅務室、ずっと変わらぬ羽前成田駅

・うぉぉまさに国鉄時代、この素朴さがかえってよい

・まさにおばあちゃん家

・まるでタイムスリップしたよう…レトロな味わいは残しつつ、キチンと英語表記の駅名標

・駅務室ちらり覗き見、かっぱ号(の看板)気になる…

・無人でも手入れが行き届いている出札口。おお、昭和29年1月1日の台帳もありました!

 

 さて長井線の17駅の中で有人駅は4駅だけである。しかも昔のままの姿が残っているのは西大塚駅と羽前成田駅の2つだけである。けれども駅ノートを見るとホームだけの駅にも、途中下車している人の多さに驚くことがある。ここで、「駅とは何だろうか?」と勝手に自問することになる。

 

 未知なるものへの憧れは旅に出る最も大きな衝動であろう。「ぶらり途中下車」して「駅めぐり」をしたいと思うのは、駅が未知なるものへの入り口、「どこでもドア」だからではなかろうか。その駅舎を通してその土地の何かに出逢いたいからなのだと思う。それは道の駅や新幹線の駅では味わえない感覚ではないだろうか。

 

 ローカル線で本物の旅を味わいたいと思う旅人にとっては、駅は無人でも手入れが行き届いていればいい。昭和29年の台帳やかっぱ号の看板などちょっとした小道具があればいい。窓辺に野の花の一輪挿しがあればもっといい。そして次の列車を待つ間に、ホームをわたる風に吹かれながら、旅の想い出を書きとめる駅ノートがあれば良いのだと思う。

 

 伊藤桃さんのブログはこちらからどうぞ

【#山形鉄道 #羽前成田駅 】2枚目:長井駅をでた列車は…渋い木造駅舎が魅力の羽前成... | 伊藤桃のオフィシャルブログ『B dreamygirl』Powered by Ameba (ameblo.jp)

 

 

【おらだの会】写真は『駅ノートイラスト展』より

 ⇒ 駅ノートに思うこと  四季の郷駅:おらだの会 (samidare.jp)


2022.03.14:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 5,022件
 限定公開 0件
 合計 5,022件
アクセス数
 今日 1,519件
 昨日 2,231件
 合計 7,986,249件
powered by samidare
system:samidare community