あの頃のとんぼ:おらんだチャンネル

おらんだチャンネル
あの頃のとんぼ


 稲わらの乾いた匂いが風に運ばれて来る。線路西側の稲刈りも終わっていた。家族総出で汗を流したあの頃が懐かしく想い出される。とんぼがたくさん飛んでいた。とんぼは懐かしいふるさと風景の一つのように思う。童謡の「赤とんぼ」には、故郷や母への郷愁を感じさせるものがある。

 

 与謝蕪村の句に「蜻蛉や村なつかしき壁の色」があることを知った。ブログ「季節の詩歌(17)あの頃のとんぼ」には次のようなコメントが添えられていた。「江戸時代の俳句であるが、現代に生きる私にも懐かしい村がはっきり見える。素朴な土壁は暖かさを感じさせ、空を行く蜻蛉も郷愁を誘う。」と。

 

 刈入れの終わった圃場には、あの頃と同じようにとんぼが飛び交っている。

 → 停車場憧憬  秋の夕暮:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)


2022.10.01:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 5,060件
 限定公開 0件
 合計 5,060件
アクセス数
 今日 778件
 昨日 2,756件
 合計 8,157,410件
powered by samidare
system:samidare community