先生のお弁当:おらんだチャンネル

おらんだチャンネル
先生のお弁当


 3月になると卒業式のニュースが流れて来る。時々、駅を利用するおばさんがいた。駅茶でお茶を飲みながらの世間話の後、その方の思い出話を聞かせてもらう機会があった。

 

 「私の家は子供が多くて貧しかったので、弁当を持って行けなかったことがあったんです。そんな時先生が、私の弁当を食べなさい、と言って食べさせてくれたんです。私は中学校を卒業すると同時に東京に出て就職しました。何年か前に退職して、今は誰もいなくなった実家に帰って来ました。その先生は成田の出身でしたが、若くして亡くなったと聞きました。この駅に降りると、優しかったあの先生のことを思い出すんです。」

 

 故郷に戻って来し方を振り返り、優しかった恩師のことを語る駅舎でのひと時。胸に記章をつけてもらい木造の体育館で歌った「仰げば尊し」が思い出される。コロナ禍の中であっても、思い出深い学校生活であって欲しいものだ。


2022.03.08:Copyright (C) おらだの会3
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 66人
記事数
 公開 5,022件
 限定公開 0件
 合計 5,022件
アクセス数
 今日 1,638件
 昨日 2,231件
 合計 7,986,368件
powered by samidare
system:samidare community