甘い「くるみどうふ」は珍しい?:寒河江市観光協会

寒河江市観光協会
甘い「くるみどうふ」は珍しい?


他県で「くるみどうふ」というと、
あんかけをかけて食べるのが一般的なのですが、
山形では甘い味付けで「ごまどうふ」と同様に
そのまま食べるという珍しい県なのです!

ところで、「ごまどうふ」「くるみどうふ」
なぜ「大豆」をつかっていないのに「豆腐(とうふ)」と呼ぶのか
皆さんご存知でしたか?

実は、「豆腐(とうふ)」は中国から伝えられたのですが、
本来は、腐る(くさる)ではなく、固めるという意味になります。

よって、くるみを固めたものを「くるみどうふ」
ごまを固めたものを「ごまどうふ」と呼ぶのです。




清流庵の「くるみどうふ」は、
和ぐるみ(手割りの高級品/渋み・アクがある)と
洋ぐるみ(甘さ・クリーミー)」を
ちょうど良いバランスで混ぜ合わせて作っています。




大きいサイズ・小さいサイズ、両方ございますので
ぜひご賞味下さい!


ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 77人
記事数
 公開 131件
 限定公開 0件
 合計 131件
アクセス数
 今日 965件
 昨日 1,589件
 合計 3,536,761件
powered by samidare
system:samidare community