「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】:米沢四季のまつりオフィシャルサイト

米沢四季のまつりオフィシャルサイト
「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】


「第4回 愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト」の入賞作品が決定しました!
審査の結果、下記の作品を選定いたしました。
期間中はたくさんのご応募をいただきありがとうございました。

金賞 「車内の情景」 愛知県 戸澤三二子さん

 昨年の六月半ば頃。山形新幹線、昼間の自由席は混んでおりました。東京駅を発車して間もなく、通路に立ちんぼしている三人の親子を見掛けました。手招きしたら私と目が合った男の子は、そばに来てくれたのです。
 「どうぞ!」私の腰掛けていた席を彼に勧めました。「妹もいるよ」彼は後方を指差します。「済みません」若い母親は、ゆっくりと深く一礼してくれました。「優しいお兄ちゃんね。何年生?」と、彼に尋ねたのです。
 「僕は一年生。妹は幼稚園の年少組。山形県東根市の親戚に行くの」彼は、はきはきと答えてくれましたが腰掛けようとしません。それどころか彼の口から意外な言葉が返ってきたのです。「おばちゃんが可哀相だよ」と。大変驚きました。反対に、七十二歳の私を心配してくれたのです。胸がじんとして「おばちゃんは大丈夫よ」そう言って、幼い兄弟の頭をなでてやりました。すると今度は、
「十五分ずつ交代で腰掛ければ皆が楽ちんだね」と、何気なく話すのです。私は彼の名案に感心して、すぐ話に乗りました。
 先ず妹から腰掛けましたが、彼は腕にはめたアニメ時計の時間が気になるようです。でも座席に埋もれるようにして眠っている妹の顔を見て、私は言いました。
「このまま寝かせてあげようね」
 彼は首を小さく縦に振り「ごめんなさい」母親と一緒に謝ってくれたのです。彼の一言に色んな思いが込められているようで、感無量になりました。三人の親子に感謝と思いやりの心を教わり、温かな気持ちにもなりました。お互いに旅の無事を祈り、私は一足先に山形駅で下車したのです。
 愛知県で暮らす私は古里へ帰る途中、一つの座席を囲み車内で出会った情景です。
「私こそ親切にして頂き本当にありがとう」
 時々思い出しては、古里、山形県に繋がっている空を仰いでいます。



金賞受賞作品は、山形新幹線に乗り合わせた少年親子との心温まるエピソードでした。
銀賞、銅賞受賞作品は下記の7作品です。

銀賞
「使えないティッシュ」 東京都 松崎聖子さん
「おじいちゃんの言葉」 神奈川県 塩田友美子さん


銅賞
「坊やに席を譲られて」 千葉県 長坂隆雄さん
「本当の親切」 兵庫県 大花純子さん
「優しさは巡る」 鳥取県 森川詩穂さん
「『愛』の思い出」 宮城県 伊藤裕子さん
「駅員さん」 新潟県 佐竹郁美さん

「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」全受賞作品はこちらからご覧ください。

過去の入賞作品はこちら


2015.04.14:Copyright (C) 米沢観光NAVI|新着情報
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 5人
記事数
 公開 709件
 限定公開 0件
 合計 709件
アクセス数
 今日 377件
 昨日 587件
 合計 1,157,562件
powered by samidare
system:samidare community