昨日雪:獅子宿んだよね日誌

獅子宿んだよね談話室
昨日雪


昨日、桜咲く中の雪景色を眺めに西山へ・・・なかなか無い風景だ。

花見と雪見で風流。



さて本日は、雪に屈する事無く桜の開花が進んでいた・・ぶれる事無く潔い

見習いたい。




午後から南陽市法師柳に向かうと神社に出会った。赤い鳥居の稲荷神社だ。

板塀にある奉納札に目が止まり目を凝らすと「佐藤耕雲」。




法師柳は彫り師佐藤耕雲の生家がある。

ひょっとすると手がかりあるかもと歩けば棒に当たった訳である。

昭和38年に拝殿の彫刻の修復を行ったとある。


さて、道草食ったので急いで北に向かい宮内の漆山に向かう。

漆山小学校西に位置する稲荷神社宮司の島貫氏宅へ約束の3時丁度である。

神社はここから登って20分に神社があるとか・・。

ここで獅子頭を拝見である。





電話では中津川の彫り師 渡部 亨氏の作とお聞きしたが勘違いで初耳の彫り師だった。




記名には 「池黒住 鈴木良吉 作 昭和四十六年吉日」とある。






塗りも金箔も良吉氏の仕事と聞いた。

耳の裏には擦れ防止の為スポンジを貼っている気配りで、実に細やか端正な作りだ。


鈴木良吉氏は宮大工で既に没して、孫の代になっている。

良吉氏の父は重吉で明治大正と活躍した優れた宮大工とか。

池黒の珍蔵寺の山門の彫刻を手掛けた。

重吉氏は近隣の旧漆山神社の社殿彫刻を手掛けたが、雪崩で社殿が全壊し解体、それを

福島県三春町今泉の某氏が買い取ったという。

某氏はその解体した神社の部材を荷車に積んで3日をかけて三春まで運んだという・・。

昔人は現代人には想像出来ない信仰心で、事を達成してしまう事に驚かされる。



また彫り師と出会ってしまった。
2016.04.12:Copyright (C) 獅子宿燻亭5
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 1人
記事数
 公開 34件
 限定公開 0件
 合計 34件
アクセス数
 今日 10件
 昨日 36件
 合計 14,478件
powered by samidare
system:samidare community