秋彼岸に「えご」と「あらめ」をどうぞ。:やまがた食材ネット/事業者

やまがた食材ネット/食品事業者 ※新着順
秋彼岸に「えご」と「あらめ」をどうぞ。


秋彼岸(ひがん)の時期になると
食卓にあがってくるのが
「えご」「あらめ」

どちらも海藻を使ったもので、

内陸である寒河江市には、日本海の海藻(乾物)を売りに
最上川を行商が遡ってきたと伝えられています。

希少な海産物であった「えご」「あらめ」
昔からこの時期のご馳走とされてきました。


""

海藻の乾物を溶かして固めたものが「えご」で、
一般的に酢みそを付けて食べます。

九州では「おきゅうと(お救人)」と呼ばれる通り、
ミネラル分が豊富で、夏バテ予防に重宝されてきました。

「えご」は、固さと粘りのバランスが重要になり、
海藻によってそのバラツキが大きく、いくつかの産地の海藻を取り寄せ
出来を見ながら作っております。


""

「あらめ」は、海女さんが潜って取ってくる高級海藻です。

その海藻(乾物)を一晩水で戻して、アクやエグミを除いた後、
油・しょうゆ・お砂糖で煮て完成です。
(※各家庭によって味付けは様々です。)

一見すると、こんぶの煮付けのようですが
「あらめ」らしい歯ごたえが特長的です。


夏の疲れはこの時期から出てきますので
夏バテ防止に「えご」「あらめ」を食べて乗り切りましょう!
 


ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 124人
記事数
 公開 1,380件
 限定公開 0件
 合計 1,380件
アクセス数
 今日 61件
 昨日 1,305件
 合計 453,573件
powered by samidare
system:samidare community