歌懸稲荷神社(うたかけいなりじんじゃ)/山形市:ときの遊び、たびの記録

ときの遊び、たびの記録
歌懸稲荷神社(うたかけいなりじんじゃ)/山形市


山形発展の基礎を気づいた
山形城主「斯波兼頼」が
場内に建てたのがはじまりなそうです。

その後、江戸時代に現在の場所へ移されました。

歌を詠んで、神に奉納する習慣が名前の由来で、
そうしないと渡れない橋があったそうな。

神社の名前すら読めない私は
渡れないかな。。

粋な時代。
2015.01.22:Copyright (C) 旅の記録、心の遊び。
神社を正面から

2015.05.22 [修正 | 削除]
裏通りからの入り口

2015.05.22 [修正 | 削除]
境内には

山形市十日町生まれの
新海竹太郎の銅像があります。

歌懸稲荷神社について
新海竹太郎について
2015.05.22 [修正 | 削除]
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 3人
記事数
 公開 13件
 限定公開 0件
 合計 13件
アクセス数
 今日 48件
 昨日 71件
 合計 23,983件
powered by samidare
system:samidare community