イネの「杭がけ」乾燥も:山形の植物・園芸

山形の植物・園芸
イネの「杭がけ」乾燥も


ご近所の田では、刈り取り後の稲のほとんどが乾燥機行きとなる様だが、
ごく一部、手作業で「杭がけ」乾燥をしているのを見受ける。

その手間暇リスクとその効果性の評価はいろいろある様であるが、
少なくとも、風情・風景としては特徴があって宜しいのではなかろうか。
さらに、シロウトの私の様な輩は「もしかすると美味しいのではなかろうか?」等と
卑しい想像をしたりして、それはそれで、けっこう楽しいものだ。

もう少し寒くなると、この「杭がげ」に霜が降りたりして、
朝日が射すとキラキラ反射したり、昇華で白い蒸気になったりして、
それはそれは、けっこう綺麗なものだ。

今日も、この朝霧の上空には、青空が広がっている様である。

この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 12人
記事数
 公開 1,230件
 限定公開 0件
 合計 1,230件
アクセス数
 今日 15件
 昨日 42件
 合計 570,451件
powered by samidare
system:samidare community