虚空蔵山(白鷹山:標高994m)に挨拶に。:山形の植物・園芸

山形の植物・園芸
虚空蔵山(白鷹山:標高994m)に挨拶に。


メインの画像は、大きなブナの木と犬っ子モッチ(妹3歳)の図である。
モッチが、ちっちゃく&可愛く写っているが、
それはブナの木が太いからそう見えてるだけで、
これでも13kgの立派な中型犬なのである。

なんだか、犬っ子の話題となってしまったが、
週末恒例の、今朝の犬っ子達との山駆け散歩での事である。
今朝は、先週は雨模様だったので今日に雨天順延していた
虚空蔵山(白鷹山:標高994m)に挨拶に登って来た。

近年、この時期と春先に白鷹山に挨拶にいくのが恒例となっている。
晩秋〜冬場〜春先3月頃までの山遊びの無事と家族全員の
安全祈願なのである。来年の春先には無事の報告に登れれば良いし、
必ずやその様にしたいものである。

先ず、アプローチの狐越街道を車で登っていくと、
良く晴れた空の奥に、奥羽山脈:山形神室がうっすら浮かび上がっていた。

普通ならば、山形神室の下には村山盆地が広がっているのが見えるのだが、
今日は、雲海の下で(というより朝霧に包まれていて)全く見えない。

さて、これから約1時間半の登り。先ずは長く暗い杉林を淡々と通り抜け、
徐々に広葉樹林に入って行く。途中、要所要所に「雪崩注意」の看板があった。


ブナの落ち葉を踏みながらゆっくり登って行くと、
少し先行していた犬っ子兄妹が私達を待っていてくれた。

牛に引かれて善光寺…ならぬ、
犬っ子達に引かれて虚空蔵山まいりという感じで、
なんだか、嬉しいものである。

そんな事を思いつつ、明るいブナの林を抜けると間もなく頂上である。
頂上付近からは、冠雪の朝日連峰(大朝日?)が遠望出来た。

頂上の「福満大虚空蔵尊」(白鷹山神社?)に僅かなお供え(清酒)と
お賽銭を添えてお参りし、そのお供えを、山の神さまに…という事で
東西南北に撒き注いで、一応無事終了。

帰路も無事順調に下山。

登り口の駐車場に着いたら、花のハッピーリタイヤメント組みの
登山グループが大きな声でワイワイ楽しそうに準備をしていた。

こちらから「こんにちは!」と挨拶したら、
「今から登るんでしょ?」と。
「いえいえ、もう降りて来ました。」
「えっ、早いですねぇ。」(この時点で朝の9時過ぎである)

なんでも…今週は天気が安定していたので、
今日で3日連続の登山だそうである。
登山道の途中や頂上の情報に
「お気をつけてェ〜。」を添えて、送り出した。

ああ、良いナぁ…などと思いつつ、
でも…今後の「年金問題」「311復興問題」
「自分の年齢や歩んできた道」「次世代の事」などなど、
いろいろ頭ン中を過る。

カミさんにもなんとなくそんな話をしてみたら、
「昔っから、元々、人は死ぬまで何かして働くのが当ったり前。」っと。
確かに、良い薬であり、良い演歌である。

具体的には???だが、

もしかすると、云々ひたすら粛々と、「やまがたはじめ東北の自然や
風景を撮り続ける事」かも知れないけど、何か少しでも・・・、
(特にやまがたはじめ東北の)次世代の役に立てれば良いナと、
改めて、なんだか…体の芯の方から、湧き思えた気がした。

この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 12人
記事数
 公開 1,254件
 限定公開 0件
 合計 1,254件
アクセス数
 今日 60件
 昨日 135件
 合計 588,272件
powered by samidare
system:samidare community