白い「古代ハス」が極楽浄土っぽかったでした。:山形の植物・園芸

山形の植物・園芸
白い「古代ハス」が極楽浄土っぽかったでした。


・・・・っといっても、まだ極楽浄土には行った事がない。

それにshidareoは、釣りや狩猟という様な殺生も行う側面もあるし、焼き肉も大好き。
なので、日本仏教的に極楽浄土に行ける資格があるかどうかも分からない。
さらに、実際に極楽浄土があるかどうかも私には分からない。
今の所、もし仮にあるとすれば、脳みそン中での幻想(バーチャル)空間に
情報的に形成されるのかも知れない。
脳の働きは分子生物学に還元されるし、情報には熱力学他が適用される。
拠って、幻想としての極楽浄土は物理的に存在する。
ん〜、この結論はヤバいかも・・・・・・・・・ま、良いや、要は疎いのだ;;;。ふむふむ。

ともかく、なんかそーんな透明な世界観があって(←どこがじゃぃ?)、ハスの花は…良い。
ハスの蕾には、赤トンボ(アキアカネ)が休んでいた。


要は、暑くならないうちにと、週末恒例の犬っ子達との山駆け散歩に早朝から出かけたのだが、
そんなに高山ではないので朝5時ちょっと回った頃で、既に22℃であった。
木々に朝日が差し込むと、強烈なコントラストが描き出される。

犬っ子達はさっそく水浴びに興じ、そのヤンチャにハシャギ回る姿に、私まで嬉しくなる。


さてさて、ハナシはちょっと変わるが、

下の画像の白い花と三枚葉みたいな葉っぱを持つ植物を「オモダカ」と言うそうである。
さて、このオモダカの葉っぱ(左側)であるが、180度回転させて逆さまにすると(右側)、
けっこうキツネの顔のシルエットに似ている。
 
ご存知の「鳥獣戯画」の中に出てくる悪戯キツネの中に、
何故か・・・このオモダカを自分の腰に括り付けているのヤツがいるのだが、
これを特に「腰にオモダカ」と言い、周囲(民衆)を騙すらしい。

何故、このキツネだけが、あえてこんな「腰にオモダカ」をするのか???であるが、
キツネの顔と、それに似た物(疑似)を、一度に沢山見せられた方は、
どれが本物か(真実か)、脳みそが混乱して分かり難くなるものである。
これは立派な「撹乱戦術」のひとつなんだろうと思う。さすが「キツネ」である。

ちなみに、ローマ数字の鵯・鵺・鶚・鶤・鶩・鶲や漢字の一・二・三・四というのを見ると
面白いのだが、1〜3については双方共に単純にモノの個数を表わしているが、
その文字としての表記パターンが「4」で飛躍的に変わっている・・・と言える。
1・2・3・それ以上は「たくさーん」と数えちゃったりもするが、
4は棒4本、5は棒6本、7は棒7本と表記出来ない訳じゃーなかったろうけど、
ぱっと見、間違ってしまう人が多くて、その結果、世の中の方も大いに混乱してしまうのだろう。
これは、人間の脳みその認知パターンというか仕組みに拠るのだそうである。

ともかくも、「ケムニマク」とか「アザムク」とか「撹乱戦術」の背景には、
「腰にオモダカを括りつけた、あの悪戯キツネ・・・」が潜んでいるのかも知れない。

等々と・・・脳内を「オモダカ・ギツネ」にヤラれつつ、ヤマユリの峠を下って帰路についた。

写真の奥に写ってる・・・
あの、てっぺんが平らで、穴ぼこがボコボコあいてる変な形の花のあとの、あれ・・・。
あの中に実がつまっていて、ほじくり出して食べると旨いんですよ。
Thailandに行った時、あっちの人はみんな食べてたし、試食するも結構いけましたよ。
近所なら頂いてきて試してみては如何でしょう。

月の人さんもどうかな?旨いですよ。(場所借りちゃった)
2011.08.21:kuma仙人 [修正 | 削除]
なるほど、根っこは「レンコン」だよねっ...☆
実は、なんか・・・ピスタチオみたいな味でもするのかなぁ?
機会があれば、ぜひ試してみたいと思います!

そう言えば、茨城名産のお土産モノかなんかの
「レンコンチップス」も意外に美味しくて、けっこうハマったり。(笑)

 それにしても、

 今日(8/21)は、ホント一日中寝て過ごしてしまったぁー;;;;。
2011.08.21:shidareo [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 12人
記事数
 公開 1,254件
 限定公開 0件
 合計 1,254件
アクセス数
 今日 68件
 昨日 59件
 合計 588,671件
powered by samidare
system:samidare community