日の出の位置がかなり南下してきたなぁ。:山形の植物・園芸

山形の植物・園芸
日の出の位置がかなり南下してきたなぁ。


10月に入り、私の犬っ子達との散歩コースから見ると、
北蔵王山系「雁戸(ガンド)」の少し北側から朝日が昇る様になってきた。

拠って、今朝ほど遠望が効く日であると、
その「雁戸」が朝日の眩しさですっ飛んで見えなくなる。

ま、「雁戸」は毎日(生れてからの50数年間)仰ぎ見たり、
たまには登ったりもする、とても身近で親しみがある山なので、
例え眩しくて見えなくなっても、ガスって見えなくとも、
その存在は、いつも感じているのだろうと思う。

その「見えない<雁戸>」の右手前には、
山形市を見下ろす形になる蔵王龍山と西蔵王高原が広がる。

西蔵王高原は、山形市の夜景を見る有名なスポットである。
確かに、眼下に見える夜景は素晴らしいと思う。

しかし、あえて言わせていただくと、山形というか村山盆地の夜景は、
西山(特に狐越街道)から眺める夜景が味わい深い。
奥羽山脈の夜の稜線を感じつつ、市街地やその周辺集落や山間集落の灯、
幹線道路を走る車のヘッドライト、田畑や森林地帯の闇、夜空の漆黒と星々など・・・・。
冬の冷えて冴え上がった夜などは、
まるで、黒いビロードに散らしたスワロフスキークリスタルのジオラマである。

ちなみに、狐越街道からの村山盆地の眺望については、
彼の司馬遼太郎「街道を行く」で触れられており、折り紙付きである。

・・・・・などと、

週明け早朝っから、夜景の事を想いつつ犬の散歩をしている
全く以って<呆ヶモノ>のshidareoである。

土手のセイタカアワダチソウの黄色が、日に日に増しつつある様だ。


もう10日もすると、今年も変わらず「ハクチョウ」が飛来するだろう。
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 12人
記事数
 公開 1,254件
 限定公開 0件
 合計 1,254件
アクセス数
 今日 79件
 昨日 135件
 合計 588,291件
powered by samidare
system:samidare community