「春は苦味」・「春は霞」:山形の植物・園芸

山形の植物・園芸
「春は苦味」・「春は霞」


今朝の、奥羽山脈からの日差しは、やや霞に邪魔されながらも、けっこう強かった。

山形市内には、霞が低く静かにタナビイていた。

山形市にあるお城を「霞ヶ城」と呼んだり、山形駅付近を「香住町」とかいうのも、
こんな「霞」から来ていると子どもの頃に聞いた記憶があるが、定かではない。

「日本の霞」というか「霞か雲か」みたいな曖昧さというか、そんな事の主な原因は、
1.周年的には水蒸気の凝結水(湿度)の影響、2.特に春は黄砂の影響、なんだろうと。
もしかすると、近年は「杉花粉の飛散」なんかもあるかも???

   ・・・・????・・・・  ま、いいや。

↓↓↓は、今朝の犬っ子ケンタ(兄6歳)の横顔である。


ところで、昨日の朝食の話に飛ぶが、摘んできたツクシを添えた。↓↓↓

あえて食べなくっとも良い様な量でもあるし、苦く複雑で特に美味しいというモノでもない。

でも、「春は苦味」である。   季節をちょっと味わってみるのも良いものだ。
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 12人
記事数
 公開 1,249件
 限定公開 0件
 合計 1,249件
アクセス数
 今日 72件
 昨日 40件
 合計 583,348件
powered by samidare
system:samidare community