伝言ゲーム:山辺専攻科12期生

山辺専攻科12期生
伝言ゲーム

情報科学の授業の中で一番印象に残っている授業は伝言ゲームでした。

小さい頃は、遊びの一貫としてよく伝言ゲームをしていました。しかし、今回はコミュニケーションの一つとして行いましたが、人を通して正確に伝えるというのは難しいものだと感じました。始める前は、昔より成長しているから伝えることができるだろうと思いましたが、実際やってみると、長い長文では、言葉が少し変わっていたり、絵を使ったものではお題と全く違うものになっていました。

 このことから、情報を作る・受ける・伝えるバランスよくなければ正確に伝えることはできないのだと思いました。そのため、言語だけでなく非言語コミュニケーションや、絵など様々なものを使ってコミュニケーションをとる必要があるのだと思いました。また、受け取る人によって、感じ方・考え方が違うため情報の伝わり方が変わるのだと思います。

 情報を扱うというのは、考えることが大切です。相手がわかりやすいように情報を作ったり、勘違いして不快な思いをしないように作ることなどがあります。これは、(思いやり)をもつということです。伝言ゲームでも同じことが言えるのではないでしょうか。

 しかし、実際やってみることで、相手にはどのように伝わっているのかがわかるので面白かったです。自分のコミュニケーション能力はどのくらいあるにかがわかるので、たまにみんなでやってみるのもいいかもしれません。

 


2016.12.09:Copyright (C) アリエルの手帳
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 42人
記事数
 公開 95件
 限定公開 0件
 合計 95件
アクセス数
 今日 43件
 昨日 44件
 合計 50,537件
powered by samidare
system:samidare community