実習で最も印象に残ったこと:山辺専攻科12期生

山辺専攻科12期生
実習で最も印象に残ったこと

 

11月下旬から12月にかけ、前期の3週間の実習を終えました。

 

今回の実習で印象に残っているのは、疾患が起こる原因は様々な

発生因子が患者さんの普段の生活の中にあるということでした。

咽頭がんでは喫煙の習慣が関係していることや、

肺血症性肺塞栓症は基礎疾患を糖尿病とし虫歯が原因で発生したことなど

疾患を理解するために学習していることが患者さん自身の生活と

に結びついていることが改めて理解することができました。

疾患を理解したうえで、それによって起こる症状、また起こりうる症状の

観察・分析につながるということも学びました。

 

後期の実習では今回の学びを生かし、看護的な視点から患者さんへの

接し方・観察・分析ができるようにつなげていきたいです。

 


2016.12.16:Copyright (C) おにぎり
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 42人
記事数
 公開 95件
 限定公開 0件
 合計 95件
アクセス数
 今日 69件
 昨日 44件
 合計 50,563件
powered by samidare
system:samidare community