実習で最も印象に残ったこと:山辺専攻科12期生

山辺専攻科12期生
実習で最も印象に残ったこと

私は今回の病院実習でうっ血性心不全の患者さんを受け持たせていただいた。この患者さんは、うっ血性心不全の疾患により、心機能の低下や、長期臥床をしていたために筋力低下をきたしていた。そのため、倦怠感を引き起こし、日常生活にも支障をきたしていた。私が清拭を行おうとしようとした際、患者さんの倦怠感が強くことわられてしまう場面があった。その際私は清拭の必要性についての説明は行うことができたが、あとは何もできずにいた。その際に看護師さんからケアを縮小して行うとよいとご指導いただいた。そこから、看護とは、患者さんを一番に考え、また、患者さんの個別性を考えて実施することだと知ることができた。このことを改めて実感できたことが今回の実習での一番の学びであると感じた。


2016.12.16:Copyright (C) 俺のノート
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 42人
記事数
 公開 95件
 限定公開 0件
 合計 95件
アクセス数
 今日 40件
 昨日 44件
 合計 50,534件
powered by samidare
system:samidare community