早急な事業資金手当てのために:夢かなえ隊・プロジェクト

夢かなえ隊・プロジェクト
早急な事業資金手当てのために
宮城同友会では、早急な事業資金手当てのために以下のような指針を出しています。参考になれば幸いです。

早急に必要とされる復旧費用の算出をしましょう

(1) 社屋や工場、設備等を再建する際に今後必要とされる経費を割り出しましょう。

あらかじめ概算見積もりがあると再建計画がスムーズ作成にでき、金融機関の決済もスムーズとなります。

1.被害状況を詳細に記録(建物・設備・什器・備品等の被害の見積もり)

2.震災前の借入、経営状況の確認(前月までの決算状況)
※月商の約2か月分の現金・資金の流動性は最低限必要と考えます。

3.損害保険(加入していれば被害状況を詳細に記録 → 申請手続)

4.売却できる資産の検討

5.経営者自身の個人資産の運用など

などの要素を加え、当面6ヶ月間〜1年の資金繰りのシミュレーションを作成します。

(2) 当面3ヶ月、又は業績が回復すると予想されるまでの期間において、売上げ(収入)が全く無くなることを想定して作成してください。

※上記に併せて「罹災証明書」を市区町村・管轄消防署にて発行してもらいましょう。
2011.04.02:Copyright (C) コンチャリネット
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 8人
記事数
 公開 46件
 限定公開 0件
 合計 46件
アクセス数
 今日 47件
 昨日 19件
 合計 47,811件
powered by samidare
system:samidare community