緊急事態対応マニュアル・事業継続計画のつくり方:夢かなえ隊・プロジェクト

夢かなえ隊・プロジェクト
緊急事態対応マニュアル・事業継続計画のつくり方
東日本大震災復興支援チャリティ・セミナー

緊急事態対応マニュアル・BCP事業継続計画のつくり方

 今回の東日本大震災は、未曾有の被害を個人にも企業にももたらしました。
BCP(Business Continuity Plan・事業継続計画)とは、企業が今回のような自然災害、火災、システム障害などの緊急事態に際し、事業資産の損傷を最小限にとどめつつ、事業の継続と早期復旧のために準備しておく行動計画のことです。

 緊急事態は突然発生します。限られた経営資産(人、モノ、金、情報)を機能的に有効に活用し、いち早く手を打ち復旧を果たす。
これはマニュアル化という次元で解決できる問題ではなく、危機に直面した時の「企業経営のあり方」そのものです。

 企業は自社の被害の極小化をはかるだけでなく、商品の供給など社会的責任という観点からも緊急事態に対応した行動計画を立てておかねばなりません。

今回は、個々の事業形態・特性を考えた上で、企業存続の生命線である「事業継続」を死守するための行動計画の重要性とその策定方法をお伝えします。
         
と き 平成23年5月19日(木) 13:30〜15:30

ところ フォレスト仙台 仙台市青葉区柏木1-2-45 TEL 022-271-9340

対 象 経営者、経営幹部

定 員 30名様 (会場の都合により先着順とさせていただきます)

参加費 1社(3名様まで)3,000円(税込)
       ※収益は義援金として全額寄付いたします。

講 師 有限会社コンサルネット 代表取締役 反田快舟

テーマ 「緊急事態対応マニュアル・BCP事業継続計画のつくり方」
      ⑴ BCP(Business Continuity Plan)が求められる要因
      ⑵ BCP(事業継続計画)は事業戦略の一環として位置付け
      ⑶ BCPの具体的な策定方法と維持・活用のやり方

個別の「一日作成演習」も承っております。 
復興支援プロジェクトですので無料です。

セミナー、一日作成演習共、お申込・お問合せはこちらから承ります。

お電話でも承っております。
電話 022-376-7341または090-1064-8516
反田(そりだ)まで

2011.04.19:Copyright (C) コンチャリネット
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 8人
記事数
 公開 46件
 限定公開 0件
 合計 46件
アクセス数
 今日 11件
 昨日 22件
 合計 54,640件
powered by samidare
system:samidare community