一人で行くスキー:生涯学習ノート

生涯学習ノート
一人で行くスキー


スキーへ行こうと思ったが女房は足の調子が悪いと言うし、友人は腰を痛めて行けないと言う
一人で行って怪我をしたら・・・と思うが、行けるときに行かないと後悔すると思い、行くことにした
行き先は川崎町にあるセントメリーというスキー場
高速を使うと家からスキー場まで40分である

生憎と前日まで強風が吹き荒れて、その日の朝も風が強かったがスキー場に着いてみるとリフトは動いている
思ったより風も少なく雪の状態も多少アイスバーンになっているが大丈夫
仙台市内に近いということで小学生たちがスキー教室のためにバス4台で訪れていて賑やか
小学生が昇ってこない人気のないゲレンデを一人黙々と何本もすべる

リフトに乗るのも一人なので乗りながら降り場につくまでいろいろなことを考える
子どものころのこと、現役のころのこと、子どもの小さかったころのこと、女房とのこと
などを考えるというよりも次から次へと思い浮かべる
がんのことや死のことも・・

青空と真っ白なゲレンデ、時折流れてくる音楽、それらのなかで一人になって過ごす時間は不思議な開放感で満たされる
熟年者にとっては心地よい平穏な時間である
9時半から12時まで滑って切り上げた

女房と二人できていたときには高速代が一人あたり1500円ですんだのでガソリン代を別にして合計4000円という計算であった
今回は一人で来たので高速代往復で3000円、リフト代1600円、食事代900円で合計5500円かかっている
スキーは一人で行くと高くつく遊びであることが分かった

スキーにかける5500円は年金生活者の遊びとしては高いのだろうか
安いに決まっている

70歳になろうとしているのに歳を忘れて滑らせてもらえるのだから
一人で気ままに、山の景色を楽しみ、若者と同じようにスピードにのりながら滑りまくる爽快さは金には代えられない

いつまでスキーを続けられるのだろうか
今年はあと2回は滑ってみたいものである


2010.01.24:Copyright (C) 年だからでなく年がいもなく
負けそうです、いや負けてます( 一一)
ご無沙汰しています。
今週は出張もなくのんびりとして、ブログを読ませて頂いています。
長朗のバイタリティーある行動に、いつも驚いています。
一人でスキーを楽しめるなんて、本当にすごいですよ。

ほんと、スキーはお金がかかりますよね。
長朗のブログを拝見していたら、子供たちが小さい頃を思い出しました。
3人の子供をスキー場に連れて行くと、それぞれリフト券や食事代でアップアップしていました。
おまけに長男は毎週でもスキーに行きたい子だったので、そのうち、我が家では、スキー積み立てをして冬に備えたものです。

子育て真っ最中で経済的にも大変な時期でしたが、今思うと、無理してでも子供たちのやりたい事をのびのびさせることができてよかったと思っています。

さて、スキー場は近くにあるし、いつでも行ける状態ですが、二人で行こうという気にもなりません。私はさほど上手でもないし、好きでもないのでしょうね。
昔は子供たちのおかげで、なんとか滑っていたのでしょう。

長朗の向上心を見習わなくちゃと思いつつ、運動といえば、朝のラジオ体操とストレッチくらいで満足している今日この頃です。
2010.01.25:flynatti [修正 | 削除]
別の目的も
私のがん療法は食事療法と運動療法とストレス解消です

運動療法はスイミングとウオーキングを週3回以上やるようにして
います
スキーは運動療法とストレス解消の2つ狙っていけます

楽しむだけでなくがん退治に貢献してくれるのです


子供連れのスキーは本当にお金がかかりますよね
大変でしたが楽しかったでしょう

今まで孫たちが来たときは親もふくめて丸抱えでしたので
金が飛んでいきました

でも思い出が沢山残りました

いつかじいちゃん、ばあちゃんとスキーに行ったよね
と思い出して話してくれることでしょう

突然ですが、JALの現場で働いている人たちを応援しましょう
2010.01.25:長朗 [修正 | 削除]
JALが生まれ変わりますように!
JAL仲間たちとの今年の年賀状は、やはり会社の行方を案じる話題ばかりでした。
高度成長期にJALでのびのびと仕事をしていた私たちには、JALの現状はとても情けない話です。

同期3人は35年以上も国際線に乗務しています。
キャリアが長く高額の給与を取得している彼女たちは、15,000人を目指す人員削減の一番の標的です。

仕事が大好きな彼女たちの将来とそれぞれのプライドを持った生き方がこれからどうなるのか、心配しています。
2010.01.26:flynatti [修正 | 削除]
社内価値
JALの給与の高さが話題になっていますね

市場競争原理をとりいれて「市場価値」のものさしで給与体系
の見直しが行われていますがJALはどうでしょう

いまだに「社内価値」のものさしが強いのかしれませんね

世間からつきつけられるものさしと、抱え込んでいるプライド
の折り合いをつけていくという課題が一人ひとりに課せられて
いるかもしれません

それこそキャリアの課題でもありますね
2010.01.27:長朗 [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 2人
記事数
 公開 608件
 限定公開 0件
 合計 608件
アクセス数
 今日 95件
 昨日 148件
 合計 1,303,647件
powered by samidare
system:samidare community