「あと3ヶ月死への準備日記」・(供法癖檎砂媾 9月号):生涯学習ノート

生涯学習ノート
「あと3ヶ月死への準備日記」・(供法癖檎砂媾 9月号)
○ しかし、何とか死の恐れを克服する、言ってみれば諦めの境地はないのだ
ろうか。そのような境地を無論見つけてはいませんが、上の理由を克服す
る諦めの考えが一つ二つ思い浮かぶことがあります

・幸い子ども達が立派に成長した。親から貰った遺伝子の一部を次の世代に引
き継ぐことができた。「時間とともに進む世界でほんの少しだが痕跡を残し
て消える」ことになるが、種の保存にささやかな貢献をすることができた

・もっとニヘルになることもある。私にとって、早い死といっても、健常者と
比べて10年から20年の違いではないか。みなと一緒だ、恐れるほどのことは
ない

・さらにニヘルに、宇宙や万物は、何もないところから生成し、そして、いず
れは消滅・死を迎える。遠い未来の話だが、「自分の命が消滅した後でも世
界は何事も無く進んでいく」が、決してそれが永遠に続くことはない。いず
れは万物も死に絶えるのだから、死を恐れることはない

あとの二つはちょっと情けない考えですが、一蓮托生の哲学によって気が休
まります

△ 諦めの考えは必要なのでしょうか。余命宣告されれば宇宙や万物のことな
ど考えられるようになるのでしょうか
死を難しく考えないで、素直に受け入れて、そのまま生きていくというこ
とはできないことでしょうか

○ 戸塚氏のブログに「ステージ4大腸患者」氏からコメントが入る
『なぜ超然と自分の病状を見つめられるか』という問である

戸塚氏は次のようにこたえている
私ももちろん「今後の事を恐れるばかり」の時期があり、今も無論あります。
この「恐れ」に自分なりの対処をすることに必死になって努力しています
まず根底にある考えは、「恥ずかしい死に方をしたくない」が出発点でした
弱い人間ですから、やることは簡単です(難しいですが)

 峩欧譟廚旅佑┐鯏按貪に避ける。ちょっとでも恐れが浮かんだら他の考え
に強制的に変える
◆崋己の死」の考えが浮かんだら他の考えに強制的に変える。死は自分だけ
に来るのではない。すべての人間にくる。年齢にもよるが、死の訪れは、
高々10〜20年の差だ。その間の世界がどうしても生きて見なければならな
い価値があるとは思わない
自分が「がん」になった理由はすべて自分にある(私の場合は)。自分以
外を決して恨まない
まだできなくて困っていることが一つ。妻につい愚痴を言ってしまい、彼
女を精神的に追い詰めてしまう。これを克服しなければ

以上です。あとは、各項目について具体的に何をするか、です。実は私にと
ってこれらの具体的行動は修行の一種です(ちょっと非科学的臭いがしす)

人によってやるべきことはまったく違うと思います。後日から細々と書きた
いのは、私の個人的アクションです。ご参考になるかどうか。

△ はそう思います。い呂泙世修海泙把匹さ佑瓩蕕譴討い泙擦鵑、そうな
らないようにしていくしかありません
´△呂任ることなのでしょうか。恐れにのたうちまわっている間にお迎
えが来てくれるのではないでしょうか

▲ △は余命いくばくと宣告されたとき大きく変るかもしれません
どのように変るのかはその時になってみなければわからないこと
2008.11.19:Copyright (C) 年だからでなく年がいもなく
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 2人
記事数
 公開 608件
 限定公開 0件
 合計 608件
アクセス数
 今日 137件
 昨日 224件
 合計 1,184,190件
powered by samidare
system:samidare community