突然の入院:生涯学習ノート

生涯学習ノート
突然の入院
17日のことである
がんのことで同伴をいらいされていた女房と一緒に大学病院へでかけた
その際解熱のための5回目の点滴(2時間)を受けた

先日来主治医に「点滴を受けても解熱の兆しが見えないので入院して治療してほしい」とお願いしていた
「べッドのあき次第で・・・」という返事をもらっていたが、点滴中急遽入院することとなった
そのまま病室へ連れていかれベッドに横にされ、女房は入院の準備のために一度家に引き返した

17日の午後から、早速点滴が始まった
2,3種ぐらいの点滴が朝から晩まで(夜中の1時まで)続いた
抗生剤や抗炎症がおもなものだった

18,19,20日と一向に熱は下がらず、38度以上である
下がり出したのは21日(土)の午後からである
20日のステロイドホルモンを入れた点滴が効いたようである

22日の点滴では1日36度台をキープできた
23日も36度台が続いた
それで24日から点滴でなく直接ステロイドの錠剤に切り替えられた
24、25、26日とステロイドの錠剤で36度台が維持できることが確認されたので、退院の話になった
月曜日に外来で再診の条件づけであったが

今までの血液検査の結果、白血球の増加などで何らかの炎症を持っていることが、分かっていた
それに腫瘍熱も加わってしまい対応が難しかったようである

4月から熱にはずいぶんと悩まされたが、とりあえず服薬しながらはあるが、平熱を維持できるようになりほっとしている

4,5日と思った入院が10日間にもなってしまった

術後のように一日一日回復に向かうのと違い、平熱を求めての点滴づけの入院は意外と精神的に苦しい入院であった

これからもう一度生活の仕方を組み立て直そうかと考えている


2011.05.28:Copyright (C) 年だからでなく年がいもなく
とりあえず・・
10日間の入院とのこと、大変でしたね。

これからのこともいろいろ気になるところですが、
ひとまず熱も落ち着いてよかったですね。

明日は、秋保温泉でキャリアネットワークの会合です。
「でっぽの家」の構想についてのディスカッションです。

長朗のご意見もぜひお伺いしたいところです。
2011.05.28:ムーミンパパ [修正 | 削除]
ブログ拝見しました
感無量です・・・
2011.05.28:にわ [修正 | 削除]
突然の入院だったのですね。
高熱が続いていてさぞお辛いだろうなあと察しておりました。
入院されていたのですね。
ずっと点滴が続いて不安な時間を過ごされていたことでしょうね。でも、熱が下がってきてよかったですね。
ずっと落ち着いてくれればいいですね。
長朗の体調が少しでも良くなるように祈っています。
2011.05.30:おちよ [修正 | 削除]
退院出来て良かったですね。
長朗。体調のコントロールが大変ですね。ただ、持ち前の精神力で乗り越えて下さい。気持ちを前向きに!!
2011.06.04:ジュンイチ [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 2人
記事数
 公開 608件
 限定公開 0件
 合計 608件
アクセス数
 今日 97件
 昨日 373件
 合計 1,026,709件
powered by samidare
system:samidare community