エンディングノートを作ってみよう!(家族介護者の集いを開催しました):長井社会福祉協議会

ながいふくしランド|長井市社協
エンディングノートを作ってみよう!(家族介護者の集いを開催しました)


 

自分の思いを、大切な人に残したい

 

 家族介護者の介護予防、情報交換、また交流を図る機会の設定を
目的とし、毎月開催している「家族介護者の集い」ですが、今回は
趣向を変えて8月23日「エンディングノート」の作り方を学びました。
 「やまがた市民後見サポートセンター」の金田七夫 副理事長が講師として
お見えになりました。

 「もし自分が出来ていた事が突然出来なくなり、意思を伝えたい
のに伝えられなくなったらどうしますか・・・?」
 「エンディングノート」とは自分史でもあり、自分の意思表示ノートでも
あるそうです。
「大事なことをノートに書きとめ、大切な人へ思いを残すことにより、
            自分らしく尊厳ある生活が送ることができる・・・。」

 奥が深く、人生を考えさせられるお話をお聞きしました。


 その他、遺産や遺言等をどのように残しておけばいいのか
詳しく教えていただきました。
 参加された皆さんは、とても興味深く聞かれており、中には
「帰宅後早速作ってみよう!」と話される方もいらっしゃいました。
 
 今後も、「最新福祉用具体験」や「施設見学」等企画しております!
是非たくさんの方にご参加いただければと思います。
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 9人
記事数
 公開 739件
 限定公開 0件
 合計 739件
アクセス数
 今日 938件
 昨日 1,113件
 合計 1,128,954件
powered by samidare
system:samidare community